シンクロニシティと思念伝達の深い繋がりについて

思念伝達は復縁に効果のある?無料メール鑑定占いランキング

思念伝達ならこの無料占いがオススメ!

占い

シンクロニシティと思念伝達の深い繋がりについて

友達や恋人のことを考えていて、電話しようかなと思ったら、その瞬間に相手から連絡がきたという経験はないでしょうか?
これもひとつの思念伝達で「シンクロニシティ」という現象です。

聞いたことがある人も多いと思いますが、親しくしている間柄だと、気持ちが同時に動くということが起こるのです。
話している途中で、同じ言葉を同時に言って、思わず顔を見合わせて笑ってしまうこともあるでしょう。

これは、親しくなればなるほど、考え方や言葉の使い方が似てくるので、無意識に同じことをするようになるものです。
シンクロニシティの回数が多ければ多いほど、相手との精神的な繋がりが深いといえます。

思念伝達では、親しい間柄というものは大切で、周波数が合いやすいともいわれています。

テレビのチャンネルを合わせるように、周波数を合わせてから行うのが思念伝達というもの。
まったく知らない相手だと、シンクロニシティが起きたこともないので、周波数は分かりにくいと思います。

どこにチャンネルを合わせれば良いのか分からないので、思念伝達をしたいと思っても、なかなか上手くいかないのです。
それができるのは、霊能力とかサイキッカーなどの、高い能力をもった人たちだけでしょう。

シンクロニシティは無意識にとった行動が、偶然相手と同時に起こることです。
意識下のことなので、合わせようとして出来るものではありません。

何度もシンクロニシティが起こる場合、潜在意識で相手と繋がっている可能性が高いですね。

稀に、まったく知らない相手と頻繁に顔を合わせることもあります。
どこに行っても、その人と出会ったり、会わなくても姿をよく見かけたりするのです。

ストーカーなどとは違って、その時に感じるのは不思議な感覚です。
おそらく相手もまったくこちらを意識することなく、シンクロニシティが起きているのだろうと予測できるのです。

数回でおさまることもあれば、数か月間、思いも寄らない場所で、何度も出会うケースもあります。
そうなってくると、さすがに「この人とは何か縁があるのかな・・・」と考えやすくなります。

お互いにそう感じ始めると、また出かけた先で会うのでは?と思うようになり、意識するようになってくるのです。
人は意識するればするほど、自然体ではなくなるので、これまでの無意識な言動とは違ったものになります。

大抵の場合、意識を始めた途端に、シンクロニシティがなくなることが多いです。
思念伝達のパワーも同時に低くなり、いつの間にか、偶然会っていたことも忘れてしまうのが人間というものです。

後になってから「そういえばあの頃は、しょっちゅう偶然に出会っていたなあ・・・」と時々思い出すくらいです。
シンクロニシティと思念伝達が同時に起きていた貴重な時間なのですが、さほど気にとめないこともよくあります。

このように、人は知らない間にシンクロニシティを何度も経験しています。
忘れているだけで、思念伝達も無意識にしているのです。

科学的根拠はないものの「経験と記憶」として、実際に証明できるものだと思います。

QLOOKアクセス解析