バランスが大切!思念伝達とエンパス能力の違いついて

思念伝達は復縁に効果のある?無料メール鑑定占いランキング

思念伝達ならこの無料占いがオススメ!

占い

バランスが大切!思念伝達とエンパス能力の違いついて

思念伝達は、どれだけ離れたところからでも、相手の心に自分の気持ちを送ったり、相手からの気持ちを受け取ったりすることです。
遠隔リーディングと似ている部分があり、相手の反応を感じとることができるかどうかに、違いがあるのかもしれません。

気持ちを送ることはできても、相手からの気持ちが受け取ることができない人もいます。
逆に、自分は送っているつもりはなくても、相手が勝手にメッセージを送り続けてくることもあります。

これは「エンパス」という受け取る能力の差によって起こるものです。
霊能力者やサイキッカーは、エンパス能力に長けている人が多く、伝えることと、受け取る(または読み取る)ことの両方の力を持っています。

しかし普通の人は、エンパス能力が低いため、何か感じても「気のせいかな・・・?」と思う程度なのです。
確かに、気のエネルギーを利用するのが、思念伝達の方法なのですが、エンパスできないと受け取れずに終わってしまうわけです。

どんな人にも、多少の思念伝達の力が備わっています。
本能的にそれぞれが持っているのです。

でも、このようにコントロールすることができないので、結局は実感のないまま、スルーしている状態だといえます。

それならエンパスさえできれば、もっとコミュニケーションの幅が広がるのではないかと思いますが、それもまた考えものなのです。

この能力だけ高めようとしても、気持ちを送る能力とのバランスが悪ければ、上手くコントロールできません。
要するに、この2つの力がアンバランスだから、人は相手の気持ちが分からないといって、顔色を伺っているということです。

もしも、みんながバランス良く思念伝達できたとしたら、今より少しは人間関係のトラブルが減るかもしれません。
まあ、聞きたくない相手の心の呟きなどが耳に入ってくると、また違うトラブルもでてきそうですが・・・。

意図的にコントロールして、思念伝達を使いこなせる人はなかなかいません。
思念伝達を得意とする占い師とか、さきほどもいった霊能力者やサイキッカーと呼ばれる人たちだけでしょうね。

ツライのは、エンパス能力だけ高いという人です。
特徴は2パターンあります。

1.とても神経質で、他人に気を使ってばかりいる人。
2.あまり話をしたがらず、途中で席を外したりする人。

どちらも、相手の気持ちを過敏に受け取りすぎて、疲れてしまうところが共通点です。

顔は笑っていても心で文句を言っているのが聞こえたりするので、信用できなくなっていくのでしょう。

エンパス能力を低め安定にするためには、グラウディングという、一種の自己統制のような習慣を身に付けることが大切です。
他人に簡単に気持ちを踏み荒らされないように、自己を高めるための方法なので、思い当たるふしがあれば試してみてください。

QLOOKアクセス解析