思念伝達の意味と能力を眠らせたホントの理由

思念伝達は復縁に効果のある?無料メール鑑定占いランキング

思念伝達ならこの無料占いがオススメ!

占い

思念伝達の意味と能力を眠らせたホントの理由

思念伝達とは、分かりやすくいえば「テレパシー」ですね。
何も言わなくても、念じるだけで相手に気持ちが伝わるということです。

この能力は、霊的なものなのか、それともスピリチュアル的なものなのか、人によって意見が違います。
曖昧な部分はありますが、しいて言えばサイキックな分野になると思います。

サイキックにも、色々と種類があります。
サイコメトリー、瞬間移動、念写、発火能力、予知、透視などです。

どれもスゴイ技のように思いますが、これは技ではなくて、生まれ持った能力だといえます。
少なからず、誰でもこのような能力を持っているのですが、大きく開花するかどうかは分かりません。

このサイキックのなかに、テレパシーがあって、相手に違和感を与えることなく、こちらの想いがごく自然に伝わることを意味します。
思念伝達は、まさにテレパシーと共通していて「実際に会うこともなければ、言葉を使うことなく、心情に訴えることができる」のです。

ただし、これが可能なのはお互いの魂が同調して、周波数が一致していることが条件です。
思念伝達をするためには、相手の周波数に合わせなければいけません。

そういわれてもピンとこないかもしれませんが、もともと動物は周波数にとても敏感です。
群れで生きている動物は、言葉ではなく、この周波数で意思の疎通を行っています。

つまり思念伝達ですね。

本来なら人間も動物ですから、思念伝達できてもおかしくないのですが、言葉という便利なものを覚えてしまったので、この能力が低下していったのでしょう。

でも、黙っていても気持ちが伝わるなら、そちらのほうが便利だと思いますよね。
備わっていた能力が低下した原因は、いろいろと考えられます。

「知らぬが仏」という言葉にもある通り、相手が知らないほうが良いこともあるということです。
何でも筒抜けになってしまうと、人間関係はバランス感覚を失うでしょう。

もしも動物の群れが、人間でいう家族や友達などの親しい間柄だとしたら、思念伝達はすぐにできるはずです。
できたとしても、敢えて「しない」という選択肢を、人間は選んだのではないでしょうか。

家族でも友達でも、お互いの考えていることが全て分かれば、便利のような気もしますが、実際は混乱を招くと思います。
自分の考えを、言葉というオブラートに包んで伝えるほうが、良好な関係でいられるような気がします。

このように、もともと思念伝達は誰にでも備わっている能力です。
ただ、言葉に頼ろうとする人のほうが多いから、心の奥底に眠ってしまったのだと思います。

QLOOKアクセス解析