心の携帯電話?思念伝達の質を上げるためにメンテナンスする方法

思念伝達は復縁に効果のある?無料メール鑑定占いランキング

思念伝達ならこの無料占いがオススメ!

占い

心の携帯電話?思念伝達の質を上げるためにメンテナンスする方法

思念伝達とは、言い方をかえれば「テレパシー」です。
相手がどこに居たとしても、自分の考えていることを伝えることができます。

お互いにエンパス能力(受け取ること)を持っていれば、向こうからのメッセージも受け取ることができます。
携帯電話やメールを使わなくても、心だけで想いをやりとりすることができるというのが思念伝達です。

潜在意識で繋がっていて、無意識に行っていることが特徴です。
この能力は、本来誰にでも備わっているもので、よく「以心伝心」という表現をされています。

こちらの考えていることが、自然と伝わることを以心伝心というなら、思念伝達は、意図的に相手に何かを伝えようと働きかけることを意味します。

人によって差がありますが、思念伝達を自分でコントロールして使うことはとても難しいのです。
携帯電話でいえば、必要のないときには電源を切っているか、それとも入ったままにしておくかという感じです。

思念伝達をするときだけ、電源が入れられる人。
普段からずっと電源が入ったままで、着信やメールがたくさん来る人。

前者のほうが、上手にコントロールできているタイプで、特定の人とだけ気持ちを伝えあうことができます。
でも後者のほうは、特定の人以外からも、たくさんの情報が入ってきて、混乱しやすい状態といえます。

普通の人は、圧倒的に後者のほうが多く、せっかくお互いに気持ちが通じ合っていたとしても、他の情報のせいで霞んでしまいます。
その結果、何か気持ちを感じたような気がするけれど、考えすぎとか、気にしすぎていると思って、スルーしてしまうことになります。

思念伝達ができていたとしても、自分で気づいていなければ、それはできていないと思っても仕方ありません。

この混乱を防ぐためには、自分のメンテナンスが必要です。
携帯の電源をムダに使わない、普段は切って充電しておくという配慮が必要です。

そうすれば、前者のように余計な情報に惑わされることなく、特定の相手とのやりとりだけに集中することができるのです。

それに、いつもたくさんの人の気持ちを受けとっていると疲れやすくなりますし、こちらから送るメッセージもネガティブなものになりがちです。
ネガティブな思念伝達を続けていくうちに、人はどんどん疲労していき、最終的には使おうとしなくなります。

現在では、すでに使わなくなった人のほうが多く、こうして思念伝達というものを、初めて知るような錯覚に陥ることになるのです。
もともとは、生まれ持っている能力なのですから、みんなが知っているはずなのですが・・・。

送る側と、受け取る側のペースが合わなければ、思念伝達の力は低下していきます。
反対に、上手に合わせて使うことができれば、かなりの効果を発揮することができます。

このように、個人差があって意識はしていないものの、何らかのかたちで、人は思念伝達の力を感じながら生きているのです。

心の中にもう1つ携帯電話を持っていると考えて、ムダな情報を削除してメンテナンスをしておくと、思念伝達の力が上がるかもしれません。

QLOOKアクセス解析